スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛んでる飛行計画

前々から気になってた「ジャンパー」を観にいった。


一緒に行ったかおっさんはいまいちな評価だったみたいだが、個人的には結構楽しかった。


確かに、ストーリー的にはスッキリしない部分が多く、主人公にも感情移入しにくいタイプなので必ずしもみんなにオススメ!という映画ではなかった。

とはいえそんなに難しい話でもなく、映像メインなのであまり肩肘張らずに観れると思う。

映像は疾走感やテンポのはやさもあって気持ちよかった。


問題なのは、見終わったあとのスッキリしない感じ。

これは主人公の成長がなかった、あるいはあまり感じられなかったのが原因に思う。

映画のストーリーを通して主人公が何を得たのか?その辺をもっと明確ににしたり、もしあるなら万人に受け入れやすいものにすればもっと面白いものになったんじゃないかなぁと思う。


それだけにそこ以外はおもしろそうなキーワードに溢れていたと思う。

なんとなく考えていた漫画のネタと被る部分も多くいろいろと参考になったし。



個人的には少年時代の子役がかわいいなと思ったけど、かおっさんは成長してからのほうがいいみたい。

どうやら主人公の役者さんはSWのアナキン(青年)役の人らしい。


とりあえず「ライラの冒険」よりはずいぶんと楽しかった。




そういえば何日か前にTVで「フライトプラン」がやってた。

封切のころからあらすじをみて気になってた作品だったので観てみた。

中盤過ぎまでは「どうなるの?」という興味でグイグイもってってくれるのでかなり楽しんで観れた。

ただこの手のはネタがわかったときに「はあ~?」みたいな気分になることが多いので、若干期待はずれになることも覚悟しながら観て行った。

その心構えのせいか大きな失望もなく最後までたのしんで観れた。

ただ、やっぱり犯人がわかった時点でちょっと興味が薄れた。

なんつーか、手品と一緒で最初は「種も仕掛けもありません~」みたいな感じで始まるんだけどやっぱり最終的には種も仕掛けも隠されてるんだよな~。

そこの隠され具合のバランスなのかなぁ?作り手側としては難しいよなー。

犯人の目的も細かくはわかんなかったのもちょっとスッキリしない要因のひとつかな。

それでも途中までの「いったい何を信じればいいの?」感の持って行き方はすばらしいと思いました。


次は何を観ようか。


スポンサーサイト
手書きブログ
drawr
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。