スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新約 Zガンダム

3部作全部観ました。


率直な感想は「なんだかなぁ…」といった感じ。


TV版の再編集なのでしょうがない部分もあるんだろうけど、映画一つ一つに盛り上がりとか緩急とかつけてほしかったなぁと思います。

1部や2部は「ええ?ここで終わり~!?」と度肝を抜かれました。

1部に至っては、これ、誰のお話!?という終わり方。下手するとアムロの立ち直りの話になってしまう所でした。


ダイジェストだからほとんど戦闘だらけになりやすく、かつその目的もわかりにくい、そしてうやむやに戦闘終了なのでお客さんついてこれないと思うんですが…。


そういう意味ではファーストの劇場版はとてもよく構成されていたように思う。


あと結構言われてた声優さんの交代も違和感は最初だけでおいおい慣れていった。

いろいろゴタゴタしたらしいけどネットで言われている情報をすべて鵜呑みにしていいのやらどうやら…。


ただ、声優が変わったのは女性キャラに多い気がします。

なんかレコアさんのセリフが皮肉に聞こえますね。男は女を道具にしか見てない的な。

そのレコアさんは変わってないんですけどね。


しかし…、この映画で新規のファンってどれだけ獲得できたんだろう?

小中学生男子とかMS以外に食いつくとこあるんかな?

いや今の若い子はMS自体にも興味あるんだろうか?

なんとなくガンダムって有名だし、ちょっと観てみっか的な人は理解できただろうか?

カミーユという主人公に感情移入出来ただろうか?

ちょっと気になります。


wikiとか観て知ったんですけど古いカットと新作カットの落差を目立たせない為に新作カットに特殊な処理をしたとか。

いいじゃないか、きれいな物をきれいに見せたって。意味がわからん。


なんか文句ばっかり言ってしまった様な気がする。

でも個人的には観て良かったと思いました。



あと2部の途中借りたDVDに傷があったせいで少し見れなかった部分があった。

そこのせいで大事な何かを見落としていたらどうしよう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

手書きブログ
drawr
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。